劇団員や元劇団員、ワークショップ生の客演、テレビ出演、その他芸能活動情報等を随時アップします♪

代表・武末志朗 舞台監督で参加!

4Cotorrinas 第1回公演『プラムの熟すとき』(日本初上演)

◆作:Aristides Vargas 翻訳:仮屋浩子

◆キャスト:仮屋浩子/倉多七与/三石美咲/小林加奈

 

「ーーーお姉さんへ。筆をとったのは、お母さんがこの先長くない

みたいだから」

母の病気をきっかけに、久しぶりに手紙のやり取りをする姉妹。

プラムのある女だらけの不思議な家のことだった。

「記憶って、筋肉でも動脈でもなくて、鼻だと思う。

だってあのおばあさまたちのプラムの年代物のワインの匂いがずっと鼻について、私、人生を悲しくさせるあの酸味がかった匂いをどうしていいのかわからないの」

 

◆日程 2019年4月 

      26(金)19:30

      27(土)14:30/19:30

      28(日)13:30/18:30

◆チケット 前売り3000円/当日券3300円

      ※全席自由・ドリンク付き

◆ご予約 https://www.quartet-online.net/ticket/plum4cotorrinas

◆スタッフ

照明:宇野敦子/音楽:Tadashi Westwood/制作:4Cotorrinas

舞台監督:武末志朗

後援:アルゼンチン共和国大使館

 

女性だけの素敵な舞台!なかなか面白くなりそうですよ♪是非♥

代表・武末志朗 客演決定!

演劇集団ワンダーランド第46回公演

『過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝』

◆作・演出/竹内一郎

◆会期:2019年6月5日~9日

◆会場:座・高円寺 1

 

 明治時代に反権力で有名なジャーナリスト・宮武外骨が、現代の雑誌編集部にタイムスリップ!

 ジャーナリズムとは何か、反権力とは何か。

現代社会に一石を投じる問題作ーー。

 

◆スタッフ

脚本協力:中島直俊

舞台美術:松野潤

作曲:日高哲英

音響:山﨑純一(TEO)

照明:㈲ライティングユニオン

舞台監督:小沢真史

協力スタッフ:岡崎真弓

制作:浜田和美、中島直俊

主催:(一社)演劇集団ワンダーランド

 

 今回、武末は宮武外骨を演じる予定です。

「久しぶりの俳優としての舞台。大きな役どころを熱く演じようと今から気合入ってます!」

 是非とも劇場に足お運び下さいませ~♪

 

◆チケット予約

お名前、ご希望日時、枚数、チケット種類(一般か学生)

以上、ご明記の上、メールにてご連絡下さい。

since2000_peek_a_boo@yahoo.co.jp

 

 

山内歩くんのライブ好評のうちに終了♪

下北沢ライブハウスWAVERにて2019年02月23日(土)

17:45から行われたアム出演のライブ♪行って来ましたよ。

詳細はまた後日!!!

 

¥1,500 各+1drink¥500

 

SceNeSetter(シーンセッター)として出演!!!

 

劇団Peek-a-Boo第6回公演「yell」で楽曲提供いただいた方のバンドに誘われて、ツインボーカルの1人でライブ出演する事が決定。人生初のバンドデビューですって!!!

『皆に聴いて欲しい曲がある!』そう言ってましたよ♪

 

※音楽はミクスチャーロック、ライブハウスのため大音量が流れます